さばを読む

今日はよく数などをごまかしていることで「さばを読む」といわれる件について書きます。

色々な説があります。

今日はその中の3つを書きます。

 1,さば”は魚の“鯖”のこと。鯖は傷みやすい魚です。鯖を傷まないうちに急いで数えたことから、

  数がおおざっぱになって、そこから数をごまかすことを「さばを読む」というようになったようです。

2,昔は、漁場や魚市場のことを「いさば(五十集)」と言い、市場では悠長に数を数えていては間に合わないため早口になり、

  そのことを「いさば読み」と言っていました。その「い」が抜け落ちて「さば読む」となったというものです。

3,昔、寿司職人が寿司を握る時に、お客に出した個数を覚えておくため、飯台の下にご飯粒をつけていました。

  そのご飯粒のことを、鬼子母神などに供する少量の飯のことを言っていた「生飯(さば)」という言葉をあてて言うようになり、

  勘定をするときに数えたことから出来たという説です。

いわれの元は鯖といさばと生飯ですね。

 

ところで、「さばをうる」という言葉があります。

「お嫁さんが無断で実家に帰る」ことを言い、広島県の安芸太田町周辺の地方で使われている言葉です。

山間のこの村に、島根県浜田漁港で取れた鯖を、山のようにかついで売りに来た行商の様子が、

荷物をまとめて実家に帰るお嫁さんのように見えたことから、出来た言葉だそうです。

一時的な里帰りであればいいですが永久な里帰りでない方がいいですね。

 

このようなエピソードがあるということは鯖はいかに我々日本人の生活に密着したお魚の証だと思います。

 

お問い合わせ
有限会社とと屋
富山県滑川市吉浦38-1
TEL 076-476-6767
FAX 076-476-6768
フリーダイヤル 0800-200-6769
Mail shop@totoya.co.jp
お気軽にご連絡ください
お支払い方法
クレジットカード決済
コンビニ(オンライン)決済
電子マネー
ネットバンキング
代金引換(手数料324円)
銀行振込(手数料はお客様負担)
ゆうちょ銀行
配送・送料について
北海道:1,060円
九州の各県(沖縄除く):1,060円
沖縄県:2,050円
本州の各都府県:950円
冷蔵または冷凍便で発送致します。※電話注文の場合には、送料この通り出ない場合もございます。
返品・交換について
商品到着後10日以内(未開封のものに限る)不良品の場合、送料は弊社負担、お客様都合の場合はお客様の負担でよろしくお願いします。
商品代の払い戻しについては相談の上対応致します。
ご利用案内
とと屋ご利用案内の詳細はこちらをご覧ください。
クレジットカード決済ついて
クレジットカード決済方法についてはこちらをご確認下さい。
コンビニ決済について
コンビニ決済の方法についてはこちらをご確認下さい。

JCB、VISA、Masterなどのクレジットカードがご利用いただけます。代金引換にも対応。

マイページにログイン旬の情報を発信!会員登録

買い物かごを見
る

ととや社長プ
ロフィール

とと屋の商品一覧表

とと屋通販定休日

更新情報